YUYUログ

旅行記と生活ログの雑記

女ひとり旅カナダ
旅スタンプ帳
じゃらん期間限定ポイント
JINSカラーレンズ

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

なぜワーホリへ行こうと思ったのか。目的。きっかけは?

ワーホリ

ワーホリへ行く理由は英語取得で行く人が多いかもしれません。

 

ですが私は、「英語を習得したいから」そんなカッコイイものではなく、「その時に仕事をしていなかったから」です。あとは英語も通じない国で、逆境を乗り越えられたらカッコイイなとも思っていました。

 

何が目的かをいうならば経験かな。一生のうち一度ぐらい海外で生活してみたい。せっかく地球に生まれたのに、日本しか知らないのはもったいない。あとは仕事をずっとしていたのでリフレッシュしたい。のんびりしたい。それから外人の友達もできたらいいなってのも思っていました。

 

 

 

渡航前は社会人として働いていました

働き始めて数年

新人の時と比べると立場や状況も変わってきます。責任のある仕事を任されたり、担当じゃない仕事までやらされたり、勝手にお局さん扱いされたり他にも人間関係などなど。この先、どんどん同期や後輩が結婚して辞めていき、新卒の子が次々入ってきて、いずれ私だけおばさんになっていたらどうしよう!?このままずっとここで働き続けるのかな!?という不安に駆られたこともあります。

そして

徐々に仕事辞めたいなと思い始めるようになっていました。

 

先輩たちみたいに円満に寿退社とか理由があればいいけど、そんな理由がない・・。そんなときにワーキングホリデーを知り、これだ!と思いました。最初はただの退職理由にしようと思っていました。辞めますと伝える時に、もし込み入ったことを聞かれ嘘だとばれたらどうしよう!?と思ったのと、実際に興味もあったのでワーホリ説明会にも参加していました。

 

 

 

退職後の状況

その職場では有給がなかなか取れない環境だったので、退職後は思いっきり旅行しました!

ワーホリ

一回本気で考えたけど、退職する時にはまったく行く気はなかった。けど仕事を辞め旅行しているうちに気持ちが変化していきました。けどまだ行きたい気持ちは山々だったけど、簡単には決められなかったり・・。

でも海外で生活するってどんな感じだろう。次第にもっと色んな世界を見たくなりました。

 

行こうと決めた決定的なきっかけ

仕事を辞め、旅行も満喫して落ち着いてから、とりあえず短期のバイトをしていました。バイト仲間との何気ない会話の中にこんなセリフが。

 

「決断しないと行動出来ないですよね。」 意外とこの言葉が心に残りました。

今までグズグズしてました。この方、私より年下なのにしっかりしている!!

 

自分の人生だもの、生まれたからには楽しまなきゃ♬親も元気だし、自分の家庭があるわけでもないし。何も心配することはない、自由の身。今行かなきゃもったいない。

 

決めました!

 

ワーキングホリデーに行くことを☆

 

その短期のバイト先に経験者もいて後押しされました。

負けてられない。色々経験しておきたい。

 

もちろん楽しい事ばかりじゃないだろうし不安はある。けど、やらないで後悔するより、やって後悔の方がいい。いつかある人に言われました。

 

「人生なんとかなるように出来ているんだよ。」

 

考えると確かにそうだったな。月日が経ち環境が変わったからか、周りに助けられたからか、自分が成長したからか…。理由は分かりません。

 

何があっても別に死ぬわけじゃないし。…って、おおげさ?海外で生活出来たら、日本で何でも出来る気がする。

 

出発までの準備期間は決心から1カ月半。

ちょっと遅いと思ったけど、あまり準備期間が長すぎても、また迷いが出てくるし悩むしグズグズしてしまうし…。私には1ヵ月半くらいがちょうどいいみたいでした♬

 

1カ月半だと準備に忙しくて、迷ってる余裕がなかったので良かったです。ワーホリ説明会に参加したり情報だけは集めていたのもあって1カ月半で良かったのかも知れません。

 

英語力と語学学校

渡航前、英語はほとんど話せませんでした・・。なんせ中学生英語ですら忘れていたほどでしたから・・・。話せるようになったのか話せる勇気が出来たからかは分かりませんが、その時に比べれば伸びたかなと思います。何よりまずは話す勇気は重要だと思います!

 

またエージェントから聞いた話だと、日本で英語を勉強しすぎて行くと、いざ海外へ行って通じなかった場合、あんなに勉強したのに・・と落ち込んでしまうケースもあるようです。

 

もちろん話せるに越したことはないと思います。外人とすぐにコミュニケーションも取れるし授業も分かるし、仕事も幅が広がるだろうし。けど私みたいに英語が話せない人は、行く前からそこまで気にする必要はないと思います。気楽にいく方がいいです♬

 

現地で英語を学んで思ったこと

語学学校

現地へ行くと英語環境なので日本で勉強するより断然有利だと思います。クラスメイトやシェアメイトが外人なら自然と英語で話さないと、という状況になります。

現地の人と話すとこういう時にこういう言葉を使うんだとか教科書で習った「How are you」のあとの「I’m fine thank you」は現地の人は使わないんだ~など学ぶことができます。

 

日本人とばっかりいると英語はどうなるか

リスニングのことを考えるとは日本人が喋る英語や、韓国人が喋る英語に慣れすぎるものよくないかも知れません。同じ日本人が喋る英語の場合、私たちは聞き取りやすいのです。舌や唇を使った発音ではなくカタカナで話すといった感じでしょうか。

 

海外からすると日本人の発音はハッキリ言いすぎて聞きづらいと思われることもあるようです。そのカタカナ英語に慣れていると、自分の知っている単語や文法でネイティブの人が喋ったとしても、耳が慣れてなくて聞き取りづらくなります。

 

そのためにもせっかく海外にいるのであれば、生の英語が聴けるリスニング力を上げるチャンスなので、積極的に現地の人と話すのが良いです。

まあ自分のスピーキングの練習であれば日本人同士でもアジア人同士でもいいと思います。

 

学校に通うか通わないか

当初、私の目的は英語習得ではありませんでした。なので語学学校は通わなくてもいいかなと考えていました。ですが、実際行った人から

「学校は勉強するために行くんじゃなくて友達を作りに行くんだよ」と言われました。

そして色々調べると3カ月通う人が多いみたいなので、とりあえず3カ月に決めました。

 

語学学校に実際3カ月間通ってみて(英語以外の視点)

英語の勉強がというよりは学校生活が楽しかった。1カ月じゃ短すぎるし2カ月じゃちょっと物足りない。。4カ月は長すぎてちょっとしんどい、といった感想です。

 

いろんな友達もでき学校主催のアクティヴィティにも参加できて私には3カ月がちょうど良かったです。その期間に2週間だけ留学で来ている人もいました。すっかりみんなと仲良くなっていましたが、2週間は本当にあっという間です。

 

そして学校が終了した後も、友達はやっぱり学校の時の友達がメインになってくるので、通って正解です!

 

その後、仕事友達やシェアメイトを通じた友達など出来ましたが、学校の時の友達の方が圧倒的に友情は深いです!!ワーホリ生活も楽しめます!!

 

よっぽどコミュニケーション力があって友達すぐ作れる!って人は学校まで行って友達を探す必要はないと思います。ですが、それ以外の人は英語以外の理由でもぜひ学校へ行くことをおすすめします。

 

まとめ

私の場合は仕事を辞めたいから、そして今仕事をしていないから、という何気ない理由でした。辞めたことにより自由な時間ができて、旅行して羽を伸ばしました。その時に改めて自分の気持ちを考えた時に本当は行ってみたい、という事に気付いたのかも知れません。

 

仕事を辞めることは勇気がいることですが、それにより次のステップの第一歩を踏み出せることが出来たのだと思います。